勉強

確実に合格するためには

学生

香川から都心の大学に進学したいという場合、まずは地元の塾に通うことが一般的です。志望校に合わせた学習法を行っているところを選択します。また、志望校への合格率が高く、実績の高いところを選ぶことが大事です。

詳細を確認する...

勉強を始める前に

女性

小論文を習得するには、まずは小論文の雛形を知ることが大切です。1つのテーマを3つの意見で展開することで、文章の構成力がアップします。模試や予備校の講座を活用して、勝ちパターンを研究すると良いでしょう。

詳細を確認する...

新しい高校教育のカタチ

大学受験資格をとる方法

学生

昔に比べると、今は学校の種類も多様化しています。注目されているのが通信制高校で、これは通常の高校のように毎日通う必要はなく、通信制課程が置かれている高校のことです。本来は何らかの事情で高校中退を余儀なくされた人や、高校へ進学できなかった人の救済処置として設立された学校です。大学を受験するためには高校卒業の資格が必要です。中卒や高校中退の人でも、通信制高校を卒業することで大学受験資格を得ることができるのです。最近は自分の自由なライフスタイルを守るために、初めから通信制高校を選択する生徒もいます。通学しなくてすむので、時間を自由に使えるからです。今後は、本来の設立意図とは違って、自分の生活を優先させたい生徒が多く利用するようになります。

通信制の新しい利用の仕方

自分の自由なライフスタイルを守りたい生徒にとって、通信制高校は人気があります。また難関大学を目指す生徒は、初めから通信制高校を選ぶこともあるのです。難関大学を目指す生徒にとって、毎日通学して授業を受けるのはデメリットになるのです。なぜかというと、受験に関係ない授業まで受けなくてはならないからです。受験生にとってその授業時間はロスになります。それなら初めから通信制高校を選択して、毎日受験勉強をした方が遙かにメリットがあるのです。いわば通信制高校の予備校化現象といえます。実際にこの方法で難関大に合格を果たす生徒も増えています。このように生徒によって利用目的が違ってきた通信制高校ですが、生徒の間で人気が広がると、従来の学校制度にも影響が出てくる可能性があります。

親の我慢が大事

勉強

中学受験のおいての親の役割や考え方の傾向について書きました。中学受験をした親は自分の子どもにも受験をさせたがること、実際その傾向が強いこと。通塾に関しては塾費用以外にも親の役割があることなどを書きました。

詳細を確認する...